ブロジアム-Bloseum-

Blog+Museam美術館のような価値のあるコンテンツを提供するブログ

ドラマ

alifeの手術シーンがリアル!本当にやってる?吹き替か調べてみた!

1月15日から始まったALIFEの手術シーンがリアルだと話題になっていますね。

吹き替えではなく本当にやっているのか調べてみました。

スポンサーリンク

今回は木村拓哉さんが初めて医者を演じるということで注目している方も多いのではないでしょうか?

ドクターXなど医療系ドラマが高視聴率を叩き出しているだけに視聴率も気になるところですね。

木村拓哉さん演じる沖田はシアトル帰りの天才外科医。

初めての医者役なのに、全く違和感がないという声も多いですね^^

ALIFEの手術シーンがすごい

ALIFEが一番気合いを入れていると言いてもいいのは手術のシーン。

医療ドラマでは一番メインというか見せ場のシーンでもある手術のシーンですが、ALIFEかなりリアルに作られていました、音もリアルでしたよね。第1話ではそれほど長くないシーンでしたが、かなりインパクトがありましたね^^

ちなみに、この手術のシーンの監修をされている先生は2人いてどうやら順天堂大学附属病院のスーパードクターらしい。

いやただでさえ忙しいのにドラマの監修までするなんてすごすぎますね!

ドラマの影響力はすごいですし、適当なドラマを作られるくらいなら徹底的に本物に近い形でという多いもあるかもしれませんね^^

スポンサーリンク

手術シーンは本当にやってる?吹き替?

この手術シーンは本人がやっているそうです!

つまり木村拓哉さん自ら吹き替えなしでやっているということ!!

ちなみにこんなエピソードも多重結びという外科医にとって基本の結び方があるそうなんですが、木村拓哉さんが演じる沖田は天才外科医なので、スピード感が求められると。

そこで、この多重結びを練習するべく練習キットが衣装合わせのときに渡されたらしいのですが、そのときからすでに神レベル!

「…教えることがないレベルです。想像以上でした」

と監修の先生がおっしゃるほど^^

さすが木村拓哉さんですね〜吹き替えなしの手術シーンというのは木村拓哉さんでなければできないとだったかもしれません。

ドラマを見るときは実際に木村拓哉さんがやっているんだと思ってみるとまた違って見えますよね^^

まだドラマは始まったばかり、今後どのような手さばきを見せてれるのか非常に楽しみですねー

というわけで『alifeの手術シーンがリアル!本当にやってる?吹き替か調べてみた!』でした

スポンサーリンク

-ドラマ