ブロジアム-Bloseum-

Blog+Museam美術館のような価値のあるコンテンツを提供するブログ

ニュース

日本のカジノ候補地はどこ?大阪か横浜?いつできるのか徹底調査!

 

今回は日本のカジノ候補地はどこになるのか調べてみました。大阪や横浜という声も上がっていますよね。

いつカジノができるのかなど、気になることを調べてみました。

スポンサーリンク

カジノ法案が可決される?

いよいよカジノ法案が可決されようとしていますね。このままいけばおそらく14日には可決されるのではないでしょうか?

日本にもカジノがやってくると思うとちょっとドキドキするのは僕だけではないはずです^^

個人的にはもっと早く作るべきだと思っていたのですが、カジノ依存者の増加や治安の悪化が問題視され、先延ばしにされたんですよね。

 

カジノができると治安が悪くなる?

結論からいって考えにくいです。カジノが一つできたからといって周囲の治安が劇的にわるくなとは考えにくいですね。

日本のカジノのビジネスモデルになるのはシンガポールのカジノです。

マリーナベイサンズというホテルをご存知でしょうか?

SMAPが出演していたCMで有名になったホテルです。

このマリーナベイサンズは『THE SHOPS』という大型ショッピングセンターと直結していてその一角にカジノがあります。

ぼくも言ったことあるのですが、普通にショッピングセンターの中にあります。入るにはパスポートがあればOKちょっとしたゲームセンターみたいな感じでしたね。

黒人の方が案内してくれたんですが、凄いすてきな笑顔でした(笑)

マリーナベイサンズはシンガポールの中心街にありますが、治安はかなりいいです。日本よりいいんじゃないか?っていうくらい。

シンガポールのカジノは治安を悪化させることなく、都市と一体化したカジノの成功例なんですね。

カジノ依存者が増加する?

厳密に言えばYESなのかもしれませんが、すでに大量の依存者がいる『パチンコ』はなんでいいの?っていう疑問もありますよね(笑)

カジノはギャンブルなので、依存性はありますが、『ターゲット』が違うんですよ。客層見ればなんとなくわかると思います^^

  • 外国人観光客
  • 富裕層

カジノのターゲットはこの2つです。日本に来た観光客に外貨を落としてもらうことや、富裕層をターゲットにしているので、依存者はそこまで増えないと思います^^

ドレスコードもあるし、おそらく日本国籍をもっている方は入場料を払う形になると思います。それだけで、かなりハードルが上がりますよね。

シンガポールのカジノは現地の人が入るだけで100シンガポールドルかかります。

日本円にして約8000円!!

入るだけなのに、ディズニーランドより高いですからね(笑)

日本の場合値段は分かりませんが確実に敷居が高い場所になるんですよ。

パチンコに入り浸っているような人にはカジノは魅力的な映らないということです。

あとは『自己責任でしょ』というところなので、カジノがある・ないは関係ないですよね^^

スポンサーリンク

日本のカジノ候補地はどこ?

さて、気になるカジノの候補地ですが、大阪や横浜の名前があがってますね。

  • 北海道 / 小樽や苫小牧、釧路市が誘致表明
  • 千葉 / 整備へ幕張沖に人工浮島「メガフロート」も
  • 東京 / ホテルや会議場がある台場・青海地区が候補
  • 神奈川/ 横浜市が整備に向けた検討会を4月に立ち上げ
  • 大阪 / 臨海部の人工島「夢洲」が候補
  • 宮崎 / リゾート施設「シーガイア」周辺に誘致
  • 長崎/ ハウステンボス周辺に誘致
  • 沖縄

現在候補地としてあがているのは上の8つ。日本初のカジノということで、最初は都市部に作って欲しいですね。

外国人観光客にもアクセスしやすいですし、沖縄もリゾート地としてアリかなと個人的に思っています^^

大阪・夢洲

かなり有力視されている大阪の『夢洲』『ゆめす』と読んだのは僕だけではないはず(笑)

『ゆめしま』と読むんですね^^

大阪オリンピックの誘致のために作った人工島なんですが、誘致に失敗したため活用のめどが立っていない

広さが140ヘクタールもあり、もしここにに決まれば人口島の再利用にもつながりますし、かなり大型な複合リゾート施設が完成しそうですよね。

大阪中心街からは少し離れていますが、大阪というブランドがつくのは外国人の方からしてもかなり魅力的ではないでしょうか?

横浜・みなとみらい

他にも横浜のみなとみらいなども候補にあがってますね^^

横浜は交通の便もよく近くオシャレな街ですので、IRにはピッタリです。

場所や知名度、イメージなどを考えると、どちらかが選ばれるのではないかなという気がします。

ぼくは大阪の夢洲でシンガポールにも負けないほどの複合リゾート施設ができればいいなと思っています。

別にカジノがすべてではないですからね^^

カジノはいつできる?

三年も前から準備しているのにも関わらず可決されるのが、2016年の末という・・遅い^^

結論から言ってまだまだ先の話です。(笑)もちろん東京オリンピックなんて全然間に合いません。

このままいけば、2018年頃には『IR実施法』が成立する予定とのこと。

順調にことが運べば、2018年に「IR実施法」が成立。その後、1年程度の法整備(調整)の期間があり、そこから初めて建設候補地の選定、基本計画の策定、環境アセスメントや地域との合意形成に3年程度要し、その後はじめて、設計、業者選定、建設の流れとなる。

どのような施設になるのかもまた未定ですので何とも言えないですが、2025年前後になるのではないかと言われていますね。

楽しみではありますが、まだまだ先はながそうです^^

というわけで、『日本のカジノ候補地はどこ?大阪か横浜?いつできるのか徹底調査!』でした。

スポンサーリンク

-ニュース