ブロジアム-Bloseum-

Blog+Museam美術館のような価値のあるコンテンツを提供するブログ

ブログ

著作権フリーの音楽サイトBensoundを使ってみた!!

2016/06/25

 

今回はyoutubeや広告用の動画に使える著作権フリーの音楽が揃う『Bensound』という海外のサイトをご紹介します。ジャンルも幅広く、動画に合わせやすい音楽が揃っています。

最近ではコモンズ・ライセンスの表記をしなければならなかったり、アカウントを作らなければいけない音楽素材サイトも多いですが、『Bensound』はアカウントも必要なく、ライセンスの表記もシンプルなので、誰でも簡単に使うことができますよ。

スポンサーリンク

高音質でクオリティーの高い音楽が揃うBensound

music

海外のサイトですが、高音質でクオリティーの高い音源が揃っています。どんな場面で使うかすぐにイメージできる音楽が多く制作した動画にとても合わせやすい。

A New beginning

曲名の通り何か始まりを感じさせるような曲。学習塾のCMでありそう。

Creepy

ビックリ箱から何かが出てきそうな怪しい音楽。アニメーションとは相性がよさそうですね。

Better Days

個人的にお気に入りの曲。かなりいい映像作品がつくれそう。

All music : www.bensound.com

Bensoundの使い方

music

使い方は簡単!気に入った曲のダウンロードボタンをクリックするだけ。

music1

クリックするとこのような表示が出てきますので、Downloadをクリック!これで完了です。

音楽を使用するときはしっかりクレジットを表記しよう!

Bensoundには2つのライセンスがあります

  • Free creative commons licence(フリー・クリエイティブ・ライセンス)
  • pro licence(プロ・ライセンス)

何が違うかというとFree creative commonsは『無料で使わせてあげるから、ちゃんとクレジットを表記してね。』ってこと。

プロ・ライセンスは有料でクレジットを表記する必要がなくなり、他にもwavファイルのフォーマットでダウンロードできたりと、使える機能は増えますが、必要なし。

どのようにクレジットを表記するか?

スポンサーリンク

www.bensound.com" or "Royalty Free Music from Bensound"

このどちらかを表記するようにします。Youtubeなら概要欄にリンクを張るだけでOK。

Music : www.bensound.com

このように表記すれば大丈夫です!

フリーライセンスでできること

  • bensoundの音楽を使用した動画のアップロード,web広告の制作
  • ブログのBGM(今時やる人いないか・・・)
  • 音源の修正(尺の調節はOK)

クレジットを表記すれば、youtubeやプレゼン用の動画、広告などほとんど使えます。音源の修正も、使いたい部分だけを使ったり、長さを修正する分には問題ありません。

フリーライセンスで禁止されていること

  1. 音楽作品として使用
  2. TV、ラジオ用の広告に使用
  3. バー、レストランで流す

大規模な広告として使う場合はプロライセンスが必要になります。また、bensoundの音楽にアレンジを加えたり、bensoundの音楽を用いて音楽作品を作ることは禁止されていますので、注意してください。

まとめ

『Soundcloud』もいいですが、リミックスされたレディーガガの曲など著作権がある曲が混じっていたり、使い方が複雑で分かりにくいです。その点Bensoundは使いやすいですよね。

最近、著作権の問題はとても厳しくなっています。結婚式で有名アーティストの曲も流せないなんていいますからね。(これは個人利用の範囲を超えているという解釈らしいです。ちなみにBensoundもフリーライセンスは不可)

ブロガーやアフィリエイターなどネットで稼ぐ人は、いかにこういったリスクを軽減できるかということも重要なので、正しく理解して、使っていきましょう。

スポンサーリンク

-ブログ