ブロジアム-Bloseum-

Blog+Museam美術館のような価値のあるコンテンツを提供するブログ

4月のイベント・行事

大学の入学祝いの相場を調査!甥や姪、孫にはいくら渡すのが一般的?

苦しい受験期間を終え、無事に大学合格★4月からの新生活へのお祝い入学祝いを贈ってあげたいですよね!

今回は、大学の入学祝いの相場と甥や姪、孫にはいくら渡すのが一般的か紹介します!

スポンサーリンク

大学の入学祝っていくら渡すの?

入学祝いを渡すタイミングは、一般的に小学校・中学・高校・大学の4段階。

ネットやマナー本などで調べた相場情報はこのようになっていました!

  • 小学校:5,000円〜10,000円
  • 中学校:5,000円〜10,000円
  • 高校 :10,000円〜20,000円
  • 大学 :10,000円〜30,000円

入学祝いも渡す学生さんとの関係によって、金額には差があるようです。

友人や職場関係の人ですと、大学生で10,000円~20,000円という意見が多数。

また、小学校5,000円→中学校10,000円→中学20,000円→大学30,000円など、小学校~大学に上がるにつれて、徐々にグレードUPしていくという意見もありました。

大学受験は、ほかの受験に比べて努力も必要ですし、これからの学生生活にも色々と費用がかかります。「

入学祝い」という名目で渡すことも最後になるので、大学への入学祝いは奮発されつ方も多いのかもしれませんね。

スポンサーリンク

甥や姪、孫にはいくら渡すのが一般的?

ネットや口コミで情報を見てみると甥や姪、孫への大学入学祝いは、一般的な相場と同様の10,000~30,000円でした。

「身内だから金額を多めに」…と、30,000円に集中するかなと予想をしていたので意外でした。
金額の設定は、小学校~大学までの間で徐々にグレードUPしていくご家庭がほとんど。

そのほかには、入学祝いの金額は、一律で決めているご家庭もあるようです。
お年玉の時もそうですが、「あの子にはいくらあげたかな?」と、迷うことって多いですよね?
あげた相手にはもちろん金額も聞けないし、メモを残してもどこに書いたか忘れることも。

その点、一律で決めておけば、そのような心配がいらなくなりますし、わかりやすいのでいいですね。

また兄弟や子供が多い分、甥・姪・孫の数も増えていきます!金額を統一した方が、みんな平等になるのでおすすめ。我が家は、この一律制を採用しようと思います 笑。

最近は、少子化の影響でお1人当たりの子供・孫にかける費用も多いと聞きますが、家庭によって様々です。

個人的には、孤独な受験期間を見守ってくれたり、息抜きに食事をしたりなど、一緒に受験を乗り越えて、合格の感動を分かち合ってくれることが、最高のお祝いだと思いました★

おめでとうの気持ちを沢山伝えてあげてくださいね♪

スポンサーリンク

-4月のイベント・行事