ブロジアム-Bloseum-

Blog+Museam美術館のような価値のあるコンテンツを提供するブログ

ニュース

博多駅前の陥没の原因や状況は?シンクホール出現と話題に!

 

博多駅前の道路陥没の玄以にゃ状況を調べてみました。日本にもシンクホールが出現したと一部では話題になってますね。

それでは見てみましょう。

スポンサーリンク

博多駅前の道路が陥没!!

11月8日の明け方に博多駅前の道路が陥没しているのが見つかったようですね。

徐々に穴は広がっていき、5車線ある道路を全て覆いつくせるほどの大きさになっていたとのことです。幸いにも巻き込まれた方はいなかったようですね。

いや~よかった。

場所はこのあたり。

道路でよかったですよね。住宅地やなどで起きていたらもっと大きな被害になっていたかもしれないですし、

hakata

スポンサーリンク

原因や状況は?

巻き込まれた方はいないようですが、電気、水道、ガスは止まっているようですね。陥没が発生したときには800戸ほどが停電になっていたようですが、現在はかなり復旧できている模様。

大きな幹線道路ということで、交通にも多大な影響が出ている模様です。電車には影響がないとのこと。

ですが、周囲の建物には倒壊の恐れがあるため入ることができない状況だそうです。

具体的な原因は今のところ分かっていないようですが、道路の下を通っている水道やガスの配管など老朽化などが、関係しているのでしょうか?

そもそも地盤がゆるく、『工事が万全ではなかった』というような事だけはやめてほしいです。

シンクホールだと話題に

まさか道路の真ん中にこれほどまで大きな穴ができるとは誰が想像してたでしょうか?

しかも日本で!!

まさにシンクホールだと話題となってます。

シンクホールとは酸性の雨水が地表の内部に浸食し、中を浸食して空洞を作ることで地表の重さ耐えられなくなり穴ができる現象のこと。

まさに今回とそっくりなんですね。

でも道路の表面はコンクリートでおおわれていいますし、中に浸水するということはあまり考えられませんが・・・

sink

コチラは中国の道路で起こったシンクホールだそうです。

普通に道路・・・

もし今回の博多の陥没もシンクホールと同じような原理で起こったのだとしたら、どこでも起きる可能性があるんでしょうか??

そう考えると怖いですね。

地質調査や対策の是非が問われそうですね。

また新しい情報が入り次第更新してきます!

というわけで、『博多駅前の陥没の原因や状況は?シンクホール出現と話題に!』でした

スポンサーリンク

-ニュース