ブロジアム-Bloseum-

Blog+Museam美術館のような価値のあるコンテンツを提供するブログ

人は見た目が100パーセント

人パー(人は見た目が100%)3話の感想とネタバレ!これが女子力か!

リケジョ(理系女子)が主役のドラマ「人は見た目が100%」、いよいよオンエア開始です♪

ここでは第3話の感想をネタバレしながら書いていきます。

スポンサーリンク

人パー(人は見た目が100%)3話のあらすじ

人気美容室『ルーチェ』の美容師・榊(成田凌)から髪をほめられた際に貧血を起こして倒れてしまう。それ以来、純は動悸が止まらず…これは恋の予感!?

感想

合コンで圧倒的女子力を放つ岸田と森村

いきなり合コンに誘われてしまった城之内。しかも相手は例のイケメン美容師軍団!うわ~なんかいきなりレベル上がり過ぎじゃないですか?しかも城之内は何もオシャレしてないですし…。

きっと笑われてしまう~!と思っていたら、笑われることもなく普通に受け入れてくれる庶務課&イケメン美容師軍団。や、優しい…!見た目が綺麗な人は心も綺麗という、まさに人は見た目が100%を地で行っている人たちですね。眩しいです。

そして、そこで城之内が目にした圧倒的女子力。とにかく男子の話を黙って聞き、とりあえず褒める!そして上着をちゃっかり借りる。その力に圧され、みんなテラスで飲んでいるのに1人部屋に残る城之内。

いや、気持ちは分かります。あんなレベルの高いもの見ちゃったら、輪に入ろうなんて思えませんもん。やっぱりまだステージレベル高かったんだよ、城之内。

見た目で本業を失いそうな3人

何で3人は研究職からはずされているの?という疑問に対して、今回驚きの解答が出ました。

なんと「見た目が悪いから」だそうです。人は見た目じゃないというけれど、見た目で本業を失いそうな3人でした。さすが丸の内…!國木田が見た目をなんとかしろと言っていたのはそういう意味だったんですね。

國木田は最初は嫌な人だな~と思っていましたが、オシャレの指導をしてくれたりとかなり良い人なのが判明しました。今回は特にはっちゃけてましたね。面白いです。これからもバシバシ指導してほしいです!

オフショルダーとブランドバッグ

今日のビューティー研究はオフショルダーとブランドバッグでしたね。例によって、またもや先に取り寄せてしまう城之内。オフショルダーもリサイクルショップだったんでしょうか…。

さっそく着てみたはいいものの、「洗濯失敗したの?」と言われる始末。うーん、確かになんか残念なんですよね。と、思っていたら鎖骨が重要とのことでした。

そして唐突に始まる鎖骨体操。あれ~!これどこかで見たことがある番組だ~!鎖骨を強調してもう一度オフショルダーを着ると…すごい!すごくオシャレに見えます!ちょっとしたことで全然印象が変わるんですね~、勉強になります。

次はブランドバッグ。さすがに「いくつか取り寄せてみました!」はありませんでしたね。そりゃそうだ。

ブランドバッグを買いに走るものの、値段は20万円…。た、高い!「こんなもの平然と持って歩けない!」と3人が叫んでましたが、確かに20万円だとそうですよね。私も無理です。

そうそう、3人が今使っているバッグの紹介が面白かったです。特に城之内は、就活から使っているバッグを現役で使い続けているそうで…それはさすがに女子力が低すぎるぞ!城之内!前田は見るからに偽物のバッグでしたね。うーん、これならノーブランドのバッグの方が100倍マシです。こ

れはこれで女子力が低い。

そして佐藤。佐藤の持っているバッグはオシャレに見えたんですけど、かなり安いですね。近くで見たら安っぽいんでしょうか。さらに、勝負バッグはブランドの紙袋とのこと。さ、佐藤ー!すでに布や革じゃない!それも別の意味で女子力が低い!

今回もビューティー研究で笑わせてもらいましたが、今回はさらに佐藤がかなり暴走していましたね。

城之内が「合コンに行ってきた」と言うと「私は合コンなんて興味ない」と言いそのクセなぜか合コンに詳しく、ブランドバッグに対しては「ただの見栄ですよ」と言い、佐藤は我が道を行くんだなぁ…と思いきや、庶務課のキラキラなオーラにあてられてブランドバッグを買いに走りに行ってしまいました。

そして「私も見栄を張りたい!合コンに行きたい~!」と叫びます。

佐藤よ…そうだったのか…!いや、今回見てて思ったんですけど、佐藤の服って普通にオシャレじゃないですか?シンプルだけど色合いが綺麗というか。佐藤はそのままでも、思考さえ前向きになれば普通に丸の内に住めると思います。

スポンサーリンク

城之内が庶務課になりたかった本当の理由

今回城之内は何度ヘコたれようと「庶務課を目指しましょう」とかなり食い下がっていたんですが、その理由が判明しました。

「庶務課の人達になって、榊さんと笑い合いたかった」。じょ、城之内ー!切ないですねえ。

本当はもっと楽しくおしゃべりしたかったんですね。というかですよ、榊も城之内のこと好きなような気がするのですが違うのでしょうか。けっこう話しかけてくれますし、優しいですし、シャンプーもくれましたし。

ただ城之内は私服が本当にダメすぎるので、そこだけなんとかすればもう少し進展するはず…!城之内、がんばってくれ!と願わずにいられません。

まとめ

今回は前回に比べるとややテンポが悪いかな?という感じでしたが、話自体はサクサク進むので楽しく見ることができました。城之内がこの話の間に自分の気持ちに気づくのが良かったです。

そして榊さんが庶務課にもシャンプーを渡しているところ、私もショックを受けました。城之内にだけじゃなかったんだ…!榊が城之内に気があるのかないのか気になりますね。次も楽しみです

 

スポンサーリンク

-人は見た目が100パーセント