ブロジアム-Bloseum-

Blog+Museam美術館のような価値のあるコンテンツを提供するブログ

エンタメ

本田まりあの勉強法は?両親が金落ちで父親は医者!

今日は史上最年少で気象予報士の資格を取得した本田まりあさんについて調べてみたいと思うぞ!

一体どんな勉強法をして気象予報士の勉強をしたのか?両親はどんな人なのかをみていこう!

本田まりあのプロフィール

名前 : 本田まりあ

出身地 : 北海道

現在本田まりあさんはなんと11歳で小学5年生!!

しかも超難関問われている気象予報士の試験に最年少で合格したというのだから驚きだよね!!

ちなみに本田まりあさんが受験しただい48回試験は合格率4.9%!!

いやどんだけ合格率が低いんだって感じだよね。

だって普通に超勉強した大人ですらほとんど合格できないわけだからさ、それを小学生が合格してしまうなんて、もう天才としか言いようがない・・・

しかもまりあさんは他にも資格を取得していて、

  • 漢字検定1級(小2の時)
  • 歴史検定2級(小3の時)
  • 数学検定2級(小4の時)
  • 英検準1級(小5の時)

いや、これはやばいでしょ。

漢検1級小2で合格するって・・・

英検も準1級だってスピーキングもあるしかなり難しい検定だけど、小5の時に取れるってほんと天才キッズとしか言いようがないよね。

本田まりあの父親は医者!

その天才っぷりはどこからくるんだろうって思うけど、本田まりあさんの父親はなんと地元北見市の『ホンダクリニック』の委員長先生なんだそう!

こちらが本田クリニックのサイト

国立大学の医学部を卒業しているんだから、超エリートなわけだ。親が医者なら、そりゃ良い遺伝子持って生まれてきたんだろうね〜って思うね!

で本田まりあさんも既にお父さんみたいな医者になりたいんだそうで、マジでびっくりなのが既に医学部入試のセンター試験の勉強も始めているんだとか。

やばすぎる・・・

でも気象予報士の資格を取得できるほどの頭脳があれば、別に今から取り組んでいても不思議じゃないし、逆にそれくらいじゃないと普通の小学生が勉強するようなことって簡単すぎちゃって全然学びにならなそうだしね。

スポンサーリンク

本田まりあの勉強法がやばい!

きになる勉強時間ですが、実は・・・めちゃくちゃ少ないんです!!

  • 登校前に2、30分
  • 夜は1時間
  • 試験の数ヶ月前から毎日1時間半

これだけ。。。。

天才ってこいうことを言うんだなと改めて思ったな。

 

そして勉強のエネルギーとなってるのが、好きなこと、興味を持ったことを勉強しているということ。

やっぱり好きなことだと勉強したいというか勉強を勉強だと思ってないっていう部分もあるしね。

本田まりあさんの場合は『どうして雲は落ちないか』ということに興味を持ち気象のことに興味を持ち始めたことがきっかけで勉強を始めたからね。

本田まりあノートがすごい!

こちらが本田まりあさんがまとめたノートなんですが、1回目と3回目で若干ノートの感じが違う。

本田まりあさんは4回目の受験で見事気象予報士の試験に合格したわけですが、3回目からノートのまとめ方を変えたんだそう。

イラストを書いたりかなり丁寧にノートにまとめているのがわかるよね。

父親のサポートもすごい!

先ほども少しお話ししたが、気象予報士の勉強を始めた理由が「なぜ雲はおちてこないのか」と疑問に思ったこと。

このことをお父さんに質問したら、『良い加減なことを答えるわけにはいかない』と思ったと言いなんと一緒に勉強したんだとか。

やっぱりずっと勉強してきた人は違うよね。

普通は何事もなかったかのように流すか、知らないって一言で終わるよね。

うちなんて普通の小学校の宿題を親に質問しても『あんたが今勉強してて、わからないものを私がわかるわけないでしょ』って言われたのはなんかずっと覚えてるな。

だいたい親って子供の質問に答えるのってめんどくさいし、しかも思いもよらない質問とかしてくるから、大変なんだよな。

99%の親は適当にあしらうのたいして、本田まりあさんのお父さんは一緒に勉強したり、一緒に答えを探そうとしたりしてるところが、まりあさんが勉強って面白いって思えてもっと頑張りたいって思う根源なんだと思うね。

本田まりあさんはまだ11歳ということで将来が楽しみだよね!

 

スポンサーリンク

-エンタメ