ブロジアム-Bloseum-

Blog+Museam美術館のような価値のあるコンテンツを提供するブログ

夏のイベント

【2017】ふじさわ江の島花火大会の穴場や屋台、トイレ情報まとめ

2017/06/08

湘南のシンボルとも言われている藤沢市の「江の島」!カップルが多く訪れるデートスポットでも人気がありますよね♪

8月に行われる花火大会もありますが、ここ江の島では10月のちょっと涼しくなった秋に開催される花火大会がメインイベント!例年混雑が予想されるこの花火大会の穴場鑑賞スポットなど、最新情報をお届けいたします。

スポンサーリンク

ふじさわ江の島花火大会の見所

何と言っても江の島をバックに花火が打ち上げられること!

普段でもライトアップされた江の島はロマンチックですが、それに華やかな花火が添えられたら言うことありません^^

打ち上げ数は3000発と中規模程度ですが、全国でも上位ランキングに入る大人気の花火大会。

1番の見所は「直径480mにもなる2尺玉」は湘南地区ではここでしか見ることができないんです!

その他にも、大小色とりどりの花火”スターマイン”など見所いっぱいです!

船上からの花火があるので、海に映し出される花火もぜひ見ていただきたいポイントです♪

ふじさわ江の島花火大会の日程はこちら

開催日:10月21日(土) *荒天時は順延22日または中止

時間:午後6時~6時45分予定

打ち上げ場所:片瀬海岸西浜

打ち上げ数:3000発

アクセス:小田急片瀬江ノ島駅より徒歩2分

江ノ島電鉄江ノ島駅より徒歩5分

湘南モノレール湘南江の島駅より徒歩6分

駐車場:400円~/時間(収容台数;約1600台)

花火大会当日の情報はこちらから→藤沢市観光協会フェイスブック

有料席情報

ふじさわ江の島花火大会ではゆったりと鑑賞できる有料席が設けられます。

当日はバタバタしたくない!など余裕を持って花火鑑賞したい方には、有料席が断然おすすめ!

観覧席場所:境川河口左岸(東側)

価格:2,500円/名(パイプいす)

販売方法:【窓口販売】藤沢市観光センター・藤沢市観光課

【ネット】プレイガイド(チケットぴあ、ローソンチケット)

2016年は9月1日午前8:30からの受付でしたので、2017年も同じ9月1日(金)午前8:30からと推測します!

毎年チケット完売になりますので、早め早めにご購入くださいね^^

穴場スポットはどこ?

有料席はかなりの人気で、ネットでの購入でも並びで席取りができない場合もあるのだとか・・・

そんな時には無料で鑑賞できる穴場スポットに行ってみましょう!

【県立湘南海岸公園】

小田急片瀬江ノ島駅より約徒歩7分でアクセスも良い穴場スポット!

打ち上げ場所より西側に位置する公園です。

広大な芝生エリアがあるので、混み合うこともなくゆったりと過ごせるでしょう♪

詳細はこちら

【腰越漁港周辺】

西側に混雑が集中しやすいこの花火大会では東側の腰越は穴場スポット!

打ち上げ場所からは少し離れますが、花火の迫力は十分味わえます♪

江の島電鉄腰越駅の利用が便利です。

詳細はこちら

【西浦海岸】

江の島では東側に駐車場やお店が集中しており、西側は意外と知られていません。

西浦海岸は知る人ぞ知る”プライベートビーチ”になっており、穴場としてはかなりおすすめ!

目の前には遮るものが何もないので花火は大迫力で鑑賞できますよ♪

老舗旅館”岩本楼(いわもとろう)”の手前の小道を100mほど先に行くとたどり着きます。

【湘南モールフィル藤沢店の屋上駐車場】

江の島駅から約25分ほど離れたJR辻堂駅徒歩10分ほどの距離にある商業施設!

花火大会当日は屋上の駐車場が無料で開放されるんです♪

距離は少しありますが藤沢市内ですし、ショッピングモールなので食事処やトイレなどの心配がありません。

詳細はこちら

小さいお子様連れにはおすすめの穴場スポットです♪

スポンサーリンク

おすすめ屋台メニュー

屋台が集中しているのは小田急片瀬江ノ島駅周辺。

遊戯系は少なく飲食系の屋台が多く並びます。

定番の屋台フードも美味しいですが、ご当地のB級グルメもおすすめ!

ちょっと肌寒い10月にぴったりなほっくりしたもつ煮

おつまみにぴったりな鳥皮餃子!カリッとした食感が病みつきになります♪

トイレの場所をチェック!

やっぱり心配なのがトイレ・・・

小さいお子様連れは特に困りますよね。。

打ち上げ会場周辺には仮設トイレが10か所以上設置される予定です。

その周辺では、県立湘南海岸公園には数多く公衆トイレがありますし、イルキャンティ(レストラン)手前と反対側(西寄り)の駐車場手前にも公衆トイレがあります。

江の島内では駐車場わきに大きめの公衆トイレがありますので事前にチェックしてみてくださいね。

江の島は海水浴客が多いので、結構公衆トイレの設置が多く安心できるかと思います!

まとめ

夏のイベントのイメージ”花火”が、10月に鑑賞できるのはちょっと嬉しいですよね!

花火だけでなく江の島周辺は人気の観光地ですので、昼間は鎌倉など沿線の観光をして楽しむのもおすすめ。

ぜひ一日の終わりに秋の夜空にあがる花火を楽しんでくださいね♪

スポンサーリンク

-夏のイベント