ブロジアム-Bloseum-

Blog+Museam美術館のような価値のあるコンテンツを提供するブログ

グルメ

伊右衛門を生んだ福寿園のフレンチが最高!場所は京都のどこ?

2016/09/14

 

伊右衛門を生んだ福寿園のフレンチがすごいみたいなので調べてみました。

場所は京都のどこなのか調べてみましょう!

スポンサーリンク

福井正憲が伊右衛門を生んだ!!

今やお茶の定番となった『伊右衛門』僕もコンビニでお茶買うときは大体伊右衛門です^^ほかの買いたいなと思っても結局イエモンに行き着くという不思議(笑)

そんな伊右衛門ですが、商品開発には京都の老舗茶店『福寿園』が関わっていたことをご存じでしょうか?200年続く『福寿園』の創業者の名前がついたこの『伊右衛門』を

1兆円を売上を誇る伊右衛門の立役者となったのが、福寿園の会長福井正憲さん。

福井正憲会長の簡単プロフィール

福井正憲(ふくい まさのり)

1936年生まれ

出身地 : 京都

現在80歳になる福井正憲会長ですが、第一線活躍し、世界中を飛び回り、最高のお茶を探し続けているそうですよ。

ものすごいパワフル!!(笑)こんな80歳っていいですよね。

年を重ねても元気で、こうやって活躍姿を見ると自分もそうなりたいと思います。

福寿園本店のフレンチが絶品!

福寿園

出典 : http://cdn-rs.ikyu.com/rsDatas/rsData106000/r105548/105548ga10000019.jpg

さて、そんな超老舗の『福寿園』ですが、京都本店ではお茶の購入はもちろん、宇治抹茶のスイーツや絶品フレンチなどを、食べることができるんです。

福寿園はなんと6階建てで2階では軽食やスイーツ。3階はフレンチレストランになってます。

宇治茶とフレンチの組み合わせなんて、どんな料理がでてくるのでしょうか?老舗であってもこのように新しい試みにチャレンジしているのも福井会長のパワフルさと関係があるのでしょうか(笑)

元銀座のマキシムド・パリの総料理長、中野鉄也さんが総料理長を務めているということで、絶品料理が楽しめそうです。

さて、気になるメニューですが。

出典 : https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/30599/640x640_rect_30599882.jpg

出典 : https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/30599/640x640_rect_30599882.jpg

ランチはは4000円からとちょっと高めです。最後に抹茶が出てくるところがおもしろいですね。ウェルカムドリンクの水出しのお茶もかなり美味しいと評判のようです。

こちらはランチコースの一例。

 

ウエルカムドリンク 水だし玉露

<Hors-d'œuvre>(一品お選びいただけます)

  • 自家製サーモンマリネと鱧マリネのサラダ仕立て
  • 手長海老のサラダ仕立て ピリ辛ソースで
  • フォアグラと自家製テリーヌ二種の盛り合わせ
    サラダと共に +400円(税込432円)

<Soup>
季節の野菜のポタージュ

<Plat>(一品お選びいただけます)

  • 本日の魚介料理
  • 仔羊背肉ポアレ
    タイムの香りで
  • オランダ産仔牛のステーキ
    ルビーポルトのソースで

<Desserts>
本日のデザート盛り合わせ

<Friandises>一口茶菓子

<Cappuccino>
抹茶 または ほうじ茶カプチーノ

ディナーは6500円から、あっさりとした味付けで、若い人にも人気だとか。メインのお肉や冷製スープにお茶の葉がかかっていたりと、オリジナリティある料理がたくさんあります。

さすが京都というべきか、サービスも評判がよく堅苦しくない雰囲気で、旅行者でも気軽に行ける雰囲気だということです。フレンチと聞くと、ちょっと敷居が高い感じがしますので、あまり堅苦しくならないのはありがたいですよね。

スポンサーリンク

福寿園の場所は京都のどこ?

こちらが福寿園の公式サイト↓

http://fukujuen-kyotohonten.com/

地図はこちら↓

というわけで伊右衛門の生みの親、福田正憲会長や福寿園についてみてみました。

スポンサーリンク

-グルメ