ブロジアム-Bloseum-

Blog+Museam美術館のような価値のあるコンテンツを提供するブログ

アナウンサー

小牧ユカの現在はサロネーゼで自宅がやばい!旦那や子供を調査!

かつてばいりバイリンガルキャスターやリポーターとして活躍していた「小牧ユカ」さん!人気女性ファッション雑誌の専属モデルもしていたマルチな才能の持ち主でもあるんです♪

結婚後は海外へ渡り華々しい海外生活を送っている小牧さんの現在が、”サロネーゼ”で自宅がやばいことになっているとの噂!。電通勤務?!との噂の夫やお子様について調査してみました!

小牧ユカのプロフィール

生年月日:1965年7月11日(52歳)

出身:兵庫県神戸市

身長:167cm

血液型:B型

学歴:上智大学比較文化学部卒業

祖父母3人を中国人に持つ小牧ユカさんは、高校時代までインターナショナルスクールに通っていました。

バイリンガルキャスターとしての土台はここから始まっていたんですね~

10代の頃からモデルとしての活動を始め、上智大学在学中にファッション雑誌”CanCam”の専属モデルとなりました!

こちらがモデル時代の写真。

スマートな印象の美人さん♪って感じです。この他にも肩パッドの入ったスーツを着ている写真など時代を感じるモデル写真でした。

大学卒業後は、テレビ朝日”CNNヘッドライン”のキャスターやラジオパーソナリティ、バラエティやスポーツ番組、ドラマや映画などにも出演していたんです。

結婚を機に夫とアメリカに渡りニューヨークに在住!テレビ朝日”ザ・ニュースキャスター”のNYリポーターなどで活躍もしていました♪

インターナショナルスクールに通っていたので英語が堪能!アメリカに渡ってもリポーターとして活躍できる才能の持ち主なんですね。

夫の転勤でシンガポールやロンドンにも在住をしていたそうです。

英語が堪能なのでどこへ行ってもお仕事ができそうですよね!インターナショナルな小牧さんがすごくカッコよく見えます^^

小牧ユカは現在サロネーゼに!

現在の小牧さんはと言うと「サロネーゼ」になっているんだそう!

でも”サロネーゼ”って一体何?!

自宅で趣味を生かした知識や技術を教える教室を主宰する女性たちのこと。 2006年に光文社の女性誌”VERY”編集長が当時流行していた「シロガネーゼ」に似せて「サロネーゼ」と命名。

でもサロネーゼと言っても料理教室やフラワーアレンジメントなど多々あるのですが、小牧さんはどんなサロネーゼなんでしょう?

こちらが小牧さんの作品!

特技でもある「カービング」の教室ぽいですね♪もはや芸術作品!細かい仕事ですよね。

野菜や果物を綺麗に彫刻することを”カービング”と言います。

中華料理などで綺麗にカービングされた野菜などが出てくることありますよね?あとはハロウィンのカボチャを彫ることもカービングの一種!

小牧さんの作品を見ると石鹸のカービングぽいですね~

エレガントなデザインで素敵なインテリアになりそうです♪

スポンサーリンク

小牧ユカの旦那はだれ?

美人で才能のある小牧さんを射止めた旦那様はと言うと・・・

電通」に勤めているとの噂があります!

転勤が多いことなどを考えると、きっと旦那様も英語など語学が堪能なんでしょう!

広告業界なのでテレビとの関係も大きい!きっとお二人は会うべくして出会ったんですね♪

一部では、久保純子さんの夫である清重和弘さんの上司だったという噂も。久保さんもアナウンサーですからお知り合いの可能性は十分ありますよね。

子供はいる?

お子様は2人いらっしゃるようですが、情報があまりありませんでした!

でもアメリカやロンドンなど英語圏に住んでいるので、きっとお子様たちもインターナショナルスクールに通って小牧さんのように英語ペラペラなのかもしれませんね!

小牧さんがご結婚されたのが27歳の時。

2年前にTV出演された際に、息子さんの”賢伍さん”(当時20歳)が一緒に親子出演していました♪

当時賢伍さんは、”秋篠宮佳子さま”と同じ大学ICUに通う大学生。2年前なので今年は卒業の年かもしれませんね!

それにしてもICUに通う学生さんってすごいですよね!やはり英語ができるインターナショナルなカッコいい息子さんだと想像します♪

まとめ

こうして小牧さんの人生を見てみると海外を転々として苦労もあったと思いますが、持ち前の英語力でリポーターを務めるなど、どこへ行っても活躍できる実力の持ち主でした!

そしてパワフルに働く女性!という印象も受けました♪

現在は帰国して日本でサロネーゼとして活躍していますが、またここでも新たな才能が生み出されたわけなんですね~

自宅で仕事をすることでお子様たちとのふれ合う時間も取りやすく、親子時間を大切に思っていたんではないかな?と感じます。

女性にとっては憧れる存在ですね^^

スポンサーリンク

-アナウンサー