ブロジアム-Bloseum-

Blog+Museam美術館のような価値のあるコンテンツを提供するブログ

女優

松岡恵(修造の長女)の宝塚入学コネ?家系がヤバイ!

元プロテニスプレイヤー、そして現在はスポーツキャスターやタレントとして活躍中の松岡修造さん!いつもポジティブで熱い修造さんの長女「松岡恵(まつおか・めぐみ)」さんが今注目されています!

難関校で知られている「宝塚音楽学校」の第105期生として合格したと話題になっているんです!今年は1042人もの応募者の中から、わずか40人のみ合格!倍率26.1倍の超難関でした。

スポンサーリンク

松岡恵のプロフィール

1999年5月生まれ(17歳)

身長169cm

日本女子大付属豊明幼稚園卒園

日本女子大付属豊明小学校卒業

その後は明らかにされていませんが、恵さんのお母様も通われていた日本女子大学付属高校に所属していたと言われています。偏差値「65」の高校なので、お母様も恵さんもさぞかし努力されて入学されたのだと思います。

2017年念願の宝塚音楽学校に合格しましたが、実は2016年にも一度受験されていたそうです。しかし2次試験で不合格となってしまったため、今年は再チャレンジとなりました!

松岡恵の家系がすごかった!

修造さんはどこかのお坊ちゃま?ということは知っていましたが、ご本人はあまり家系のことを題材的に公表していないのでびっくりされる方が多いと思いますが、とにかく松岡家の家系が凄いんです!

修造さんの曾祖父である一三(いちぞう)さんから始まっていました。

また修造さんの奥様である恵美子さんは、ハーバード大学院を卒業しテレビ東京のアナウンサーとしてご活躍され、国際基督教大学の客員教授も務めたとのことです。

恵さんを取り巻く環境は、まさに超一流なエリートだと言えますね!

母親は千波静

修造さんのお母様である「千波静(ちなみ・しずか)」さんは、何と!宝塚歌劇団44期生であり元星組の男役スターだったんです!端正なお顔立ちは、イケメンの修造さんにもちゃんと受け継がれています。今回、恵さんが合格された際のお顔を見ると、静さんの男役を思い出すようなクールな容姿でした。

現在の静さんは、妹である千波薫さんと一緒に田中正子ジャズダンス教室で講師をしていらっしゃるのだとか。

父の松岡修造はテニスプレイヤーで小林一三氏のひ孫!

修造さんのお父様は元テニスプレーヤーで実業家。東宝名誉会長、日本アカデミー賞協会名誉会長、フジ・メディア・ホールディングス取締役、フジテレビ取締役など数多くの責任ある地位を務めていらっしゃいます。

日本代表にも選ばれるほどの実力があったテニスプレーヤーだったそうですが、実業家のためにテニスを辞め、息子の修造さんはお父様がテニスをしていたことさえ知らなかったそうです。

そして、修造さんの曾祖父「小林一三(こばやし・いちぞう)」さんは阪急東宝グループ(現・阪急阪神東宝グループ)の創業者!記念館が建てられているほど、名誉ある地位の方だったんですね。

スポンサーリンク

宝塚入学コネ?

父・修造さんの曾祖父「小林一三」さんが阪急阪神東宝グループの創始者であること、そして修造さんの母・静さんが元タカラジェンヌだということで、恵さんの合格がコネだったのではないかと噂されているようですが・・

状況を見ればコネと言われていもしょうがないかもしれないです^^

ただ、2016年では2次試験で不合格になっていますし、名門宝塚をコネで入ったところで生き残るはずもありませんね。

後々不幸になることを、このような品格を備えた家族がやるとは思えません。

恵さんが宝塚を目指す理由は育った環境にあったとも言えます。尊敬する家族の姿を見て、同じ職業を目指すことはごく自然なことで素敵なことですよね。

そして、スポーツマンである修造さんの熱いまっすぐな気持ちや何事にも真剣に向き合う心を、恵さんは学んできたのだと思います。

家にこんな熱い父がいると”ちょっと疲れる”・・・なんて思うこともあると思いますが(笑)、娘はしっかりと父の姿を見ているものです。

宝塚に入る!という真剣な強い気持ちが、合格へと導いたのだと感じます。

まとめ

わずか40人だけの合格者に選ばれた恵さん!

”軍隊のような規則”とも言われている宝塚音楽学校。入学してからが本番ですね。恵さんもこれからの頑張りで、スターに輝くタカラジェンヌになれるかが決まります!

あの夢のような華やかな舞台に立つことを楽しみに、今後のご活躍を願っています。

スポンサーリンク

-女優