ブロジアム-Bloseum-

Blog+Museam美術館のような価値のあるコンテンツを提供するブログ

ニュース

森友文書改ざん・書き換え問題を分かりやすく解説!誰が黒幕?

2018/03/13

国をも揺るがす「森友学園問題」がまだ消化不良な状態の中、新たに森友学園に関する問題が発覚しました!それが「森友文書の書き換え」!

森友学園問題では”忖度”という流行語も生まれて何かと話題になりましたよね。今回の文書書き換えはまだまだ不明瞭なことだらけ!まずは森友学園の問題から簡単に整理していきたいと思います。またこの書き換えがどのように行われたのか?!誰が指示したのか?!など、今後の政府の対応なども最新の情報を調査しました!

森友学園問題ってなんだっけ?

まずは「そもそも森友学園問題とは?!」から簡単に説明します。

籠池氏が理事長を務める「森友学園」が小学校を作るために国所有の土地を買うことになりました。

その土地は評価額9億5600万円なんですが、約1億3400万円で購入!

この時点でなんでそんな値引きがあるの?!とびっくりしますよね。

これは小学校の土地に埋まっているゴミ処理のための費用として、約8億円もの値引きをしたんです。

しかしこのゴミ処理に関しての事実や本当に処理されたのかの確認は一切なかったわけで、ここで「8億円引きなんておかしい!」「誰かが口利きを行ったんじゃないのか?」という状況に。

そこで口利きをしたとされたのが「安倍昭恵夫人」でした。

なぜなら以前より森友学園で講演を行っていたりと付き合いがあり、また新小学校の名誉校長に就任していたのです。(寄付金100万円の受け渡しもあったと言われています)

しかし安倍首相は国会できっぱりと否定されていましたよね。

これらの「国有地の払下げ問題」が発端となり、「小学校建設に伴う補助金詐欺」「森友学園への教育方針」への問題視などが論点としてさらに上がってきたんです。

よって、籠池泰典(やすのり)容疑者と妻である諄子(じゅんこ)容疑者が罪に問われ逮捕!

現在も勾留が続いているとのことです。

森友文書の書き換えが発覚!

そして森友学園の国有地売却に関して、最近新たな問題が発覚したんです!

財務省が取引の決裁文書を書き換えた疑いがある」と朝日新聞が報道しました!

当初国会に提出した文書とは異なるということですね。

財務省は6日午前の参院予算委員会理事会で、

捜査の対象となっており、すべての文書を直ちに確認できない

と回答し、現状況を報告したことになっています。

実際国会での答弁を見ましたが、どんな質問にも同様に上記のように答えるだけで全く回答になっていませんでした。

野党側は「ゼロ回答」と批判、自民党からも「文書を出せないとは理解できない」という声も上がってます!

とにかく、土地売却の契約当時の文書があるのかないのか?!

もちろん決裁文書がないわけがない!と思いますが、現時点ではそれさえも明らかではない状態です。

これでは国会での審議が進められませんよね。

森友文書はどこが書き換えられていた?

この問題をスクープした朝日新聞によれば、

財務省と森友学園との契約当時の文書には「特例的な内容となる」「本件の特殊性」といった文言があるのに、国会に提出した文書では削除・改ざんされていた。

と報道されています。

この「特例的」や「特殊性」と言う言葉が分かりにくいですよね。

でもこの言葉が削除または改ざんされているんであれば、財務省には不利になる事柄であることは間違いありません。

スポンサーリンク

森友文書の書き換えは誰の指示?黒幕がいるの?

この書き換えは一体誰が指示して行われたのか?!黒幕がいるのか?!

現在の状況では文書自体が出てきていないわけですから、文書を作成した人も明らかではない状況です。

しかし、政治アナリストの伊藤惇夫氏は、

「財務省の一職員が勝手に改ざんできることではありません。組織的と思わざるを得ない」

などと言っています。

確かに個人ができるほどの事柄ではないですし、そうなると財務省トップが関わっていることだろうとも思えてきますね。

またこれは「公文書偽造」に当たるとも言われています。

公文書偽造は公文書偽造等罪という犯罪になり、1年以上10年以下の懲役に処されるということ。

もちろんそうなれば、逮捕者がでてくることになります!

今後の政府の対応は?

まずはこの決裁文書を明らかにすべきですよね。

最新のニュースでは「8日朝の参院予算委員会理事会で、決裁文書のコピーを出すことで合意」とありました。

財務省は先日の国会での答弁で「文書が確認できない」などと言っていたんですが・・・

大阪地検に提出したその文書のコピーが残っていたというわけです!

地検が入る前にコピーを取っておくことは可能だったはずですからね~

今回の文書書き換えが組織的で意図的なものだと意見する人が多い中、旧大蔵省(現財務省)OBで元内閣参事官の高橋洋一・嘉悦大学教授はこう述べています。

もし事実であれば、財務省の担当者は刑法上の公文書偽造等罪に問われることになるので、財務省がこういう書き換えを行うということは、通常ではあり得ません。

契約当初の文書とは違うものを国会議員に開示してしまったなど、担当者である官僚のとんでもないミスである可能性も考えられます。

または、朝日が違うものを報道したかです。

などと、今回の書き換えがミスである可能性を指摘していました。

さらに、もし仮に書き換えが事実であれば「財務省の一官僚のミスとして処理」、「法的に罪を問われるのも官僚個人」となると述べています。安倍首相や麻生財務相は関係ないとして、倒閣運動(総辞職(内閣総辞職)をさせるために推進される一連の活動)にはなり得ないとも指摘。

個人的にはこの問題が倒閣運動で官僚内でのリークがあったのではと推測していたんですが・・・

素人の考えだと、ただの個人のミスとして処理するだけの内容だったのか?!と疑問をまだ持ってしまいます。

まとめ

森友学園の問題に関しても、まだ納得のいく結果が得られていないように感じるんですが・・

今回新たに文書書き換えとの疑惑も上がり、この事柄はまだまだ深~いように感じられます。

これが朝日の誤報だったと結果付けられないように、明確な説明と文書開示がされることですね!

まずは8日に文書が開示されるわけなので、そこから審議は進められ明らかになることを期待します。

森友文書から昭恵夫人の名前が消された理由は何故?鴻池氏の名前も?

スポンサーリンク

-ニュース