ブロジアム-Bloseum-

Blog+Museam美術館のような価値のあるコンテンツを提供するブログ

エンタメ

【ミュージカル】長澤まさみ主演キャバレーの内容や感想、口コミ、評価は?

長澤まさみさん主演のミュージカル『キャバレー』。芸能人も多く見に行っているということで、かなり人気になようですね。

『キャバレー』の内容や評価などを見に行かれた人の声をまとめてみたのでどうぞ!

スポンサーリンク

長澤まさみ主演キャバレーが話題に!

長澤まさみさんが主演を務める『キャバレー』が話題になっていて現在チッケトの価格が上がり10万円近い値段がついているとのこと。

長澤まさみさんを一目見たと会場に足を運んでいる方が大勢いいるんだとか。

うん。。僕も見たいです(笑)

今回の舞台で長澤まさみさんはナイトクラブの歌姫を演じていてドラマや映画で見る長澤まさみさんとは違った演技が見れますし。

画面越しではないので、その息使いとか、呼吸とかまで伝わってきますよね^^

そういうものを一緒に体感できるっていいな〜って思ってします^^

衣装も長い脚を

長澤まさみさんだけがいいというわけではなく、ダンスや歌なども高い評価を得ているようで一度は見てみたいですね^^

内容は?

1929年大晦日の夜。アメリカ人の青年クリフがベルリンにやってきます。駅で出会ったドイツ人のエルンストに宿を紹介してもらった彼は、女主人シュナイダーが営む下宿にやってきます。

そしてその夜、キャバレー『に足を運んだクリフは、クラブの歌姫サリー・ボウルズと出会い意気投合するクリフ。

サリーはクリフの下宿に転がり込み、2人は同棲生活を開始することになります。

その一方で、クリフたちの下宿の女主人であるシュナイダーは、ついにシュルツの求婚を受け入れることにします。

サリーとクリフ、シュナイダーとシュルツ。幸せそうに見える2組のカップルでしたが、暗い時代の足音が彼らに忍び寄っていたのです……。

舞台は第一次世界大戦後のドイツ、ベルリン

クラブの歌姫として活躍するサリー・ボウルズとサリーが好きになってしまうクリフの物語。

と下宿先に女主人シュナイダーの二つのカップルの物語。

ナチスドイツの影が少しずつ見え始め、暗黒の時代が幕を開けようとしている不安さと、華やかな世界に生きるサリーの対比が非常に面白い。

この時代のドイツは音楽や絵画かた大衆芸能など、様々な分野が発展を遂げた時代だと言います。新しい芸能とこれから始まる不安な時代に生きる人間模様もこの舞台の魅力かなと思いますね^^

スポンサーリンク

感想、口コミ、評価は?

芸能人もたくさん見に来ているらしく、志村けんさんや米倉涼子さんの目撃情報もありますね。それでか芸能人の間でも話題になっていていい作品ということでしょう。

芸能人も中注目しているということはそれだけ評価が高い作品ということですからね^^

いままで一番の話題作、注目作と言っていいのではないでしょうか?


最後のシーンが気になりますね。

というわけで『』でした!

スポンサーリンク

-エンタメ