ブロジアム-Bloseum-

Blog+Museam美術館のような価値のあるコンテンツを提供するブログ

エンタメ

能年玲奈の事務所レプロが改名の理由?のんとして再スタート!

 

能年玲奈さんの事務所レプロとの問題が、『のん』に改名した理由ではないかと言われています。事務所と能年玲奈さんにはどんな問題が合ったのでしょうか?

そして心機一転『のん』に秘められた思いなども見てみたいと思います。

スポンサーリンク

能年玲奈の事務所レプロが改名の原因?

能年玲奈

出典 : http://mnky.jp/wp-content/uploads/photo1-2.jpg

能年玲奈さんと言えば記憶に新しいのが事務所のレプロからの独立問題。これが原因でテレビの出演も減ってしまいました。

ドラマ『あまちゃん』で大ブレイクを果たし、これからという時に、このような問題になってしまい残念に思った方も多いでしょう。

この問題は、芸能プロダクションに所属しているのに勝手に個人事務所を作ったというとこなんですよね。この『勝手に』というところがポイントで芸能人は節税対策で、所属プロダクションとは別に個人事務所をもっている方多いようです。

さんまさん、なんかは個人事務所を持っていると聞いたことがありますね。いずれも大物芸能人が個人事務所を持つようです。

所属してるプロダクションとの契約もありますし、簡単に『はい、個人事務所作ります』というわけにはいかないですよね。

能年玲奈

出典 : http://mnky.jp/wp-content/uploads/photo1-2.jpg

この独立問題はまだ収束のめども立ってい無いようで、どうなるんでしょうか?

『のん』として再スタート

スポンサーリンク

そして、改名をしひらがなで『のん』という芸名で新たなスタートを切ることとなりました。能年玲奈は本名らしいですが、なぜこのタイミングで改名なんでしょうか?改名し芸能人ってあまりいい印象がないきがするんですよね。

『おさる』→『モンキッキー』みたいに(笑)

ちなみにまた『おさる』に戻したらしいです。絶対『おさる』のがいいですよね。響きもいいし、かわいい。

で話をもどしまして、なぜ改名したのかというと、詳しいことはわかりませんが、

心機一転ここから頑張ろう!

ということなんだと思います。

事務所との関係悪化が改名の原因になるとは思えませんしね。

肖像権など、様々な権利などの問題から『変更せざるえなかった』ということも考えられますが、そうではなさそうです。

思いつくまま、候補を箇条書きにしていったら「のん」が出てきたんです。簡単だし、響きがいいですよね。それに「のん」って英語の小文字で書くと「non」になる。ニコッて笑ってる顔文字みたいになるんです。

ほんと天然な能年玲奈さん。ファンは早い復活をまっているので、一刻も早く芸能活動を再開してほしいですね。

 

スポンサーリンク

-エンタメ