ブロジアム-Bloseum-

Blog+Museam美術館のような価値のあるコンテンツを提供するブログ

ニュース 政治家

パククネ大統領が逮捕される理由は何?取り調べを受ける場所はどこ?

2016/11/15

 

11月15日にパククネ大統領の取り調べが行われるようです。果たして本当に逮捕されてしまうのでしょうか?

またパククネ大統領が取り調べを受ける場所について調べてみました。

スポンサーリンク

パククネ大統領への事情聴取はどうなる?

11月15日にパククネ大統領の取り調べがついに行われるのではないかと言われています。

同じ日に野党の第一党の『共に民主党』チェ・ミエ代表と会談する予定でしたが、キャンセルになったという報道があったので、より確実になったと言えますね。

争点となるのは『パククネ大統領がどこまで関わっていたか?』ということでしょう。

現役の大統領が取り調べを受けることは極めて異例ですので、韓国の検察側も相当な準備をしてから望むものと思われますね。

主席秘書官であったアンジョンボム氏と元付属秘書官のチョンホソン氏はすでに逮捕されていますし、今回の不祥事に関与したと言われているサムスンなどの財閥も取り調べや家宅捜索を受けています。

大統領の口からどんな証言が出てくるのかは分かりませんが、これにより今後の状況が大きく変わると言っていいでしょう。

取り調べを受ける場所はどこ?

img_5086

取り調べは普通検察に出頭してという形になると思うのですが、相手は大統領ですからね^^

検察に出頭させるわけにもいかないし、かといって大統領府に検察行くということも考えにくい。メディアもたくさん待ち構えていると思われますし、大騒ぎになりますからね。

かと言ってホテルで優雅になって言うわけにもいかないですよね。セキュリティーの問題もありますし。

そこで『安家』(あんか)という第三機関で行うのではないかと言われています。

これは特殊情報機関が使用してるものらしくて、どこにあるかは秘密なんだそう。

ここなら大騒ぎになることなく、事情聴取を行うことができそうです。

パククネ大統領の逮捕はあるのか?

パククネ

大統領の任期中は逮捕されることはありません。

なので、パククネ大統領が自ら辞任を表明しなければ、今すぐ逮捕されることはないと思われます。そういうこともあって、パククネ大統領はやめるわけにはいかないんです。

それに今やめてしまうと次の大統領を選ばなくてはなりません。そうなるれば大統領がいない空白の期間を作ってしまうことになりますよね?

これは非常にマズイわけです、なぜなら韓国は大統領が軍の指揮権を持っているから。北朝鮮との関係もありますし、国家としては、そのような事態は避けなければなりません。

そこで、提案されているのが、中立内閣の設置というものですね。

これは大統領はそのままにして、与党と野党から、推薦された人物を首相としてその人物を中心に動きましょう。というもの。

この人物が大統領と同じ権限を持って政治運営をしてくことになります。

このスキャンダルが出た当初から、こうなるだろうと言われていたのですが、ここにきて様々な問題が出てきています。

スポンサーリンク

支持率の低下

その一つが支持率の低下です。

スキャンダル発覚後、パククネ大統領は2回謝罪会見を行っています。

しかし、支持率が急激に下がり若い世代は0%という前代未聞の数字に。一番支持率が高くても13%と目も当てられない数字となってしまいました。

平均では5%という韓国史上で最も低い数字になってしまいました。

korea

そして12日にはソウルの中心部でデモが行われています。一部では100万に規模とも言われている超大規模なもになってしまいました。

ここまで大きく膨れ上がったのは韓国が抱える社会問題など、様々な問題があるようですが、一貫しているのは

『パククネ大統領の退陣』

です。

『とりあえず辞めてくれ』というのが本音なんでしょう。

しかし、先ほども話したように辞めるのは簡単ではありません。政府としては、新しい人物を首相として任命し政治運営の安定を図りたいところなんですが、

パククネ大統領が一線を退いただけで、収まるのか?

という問題がでてきているわけですね。

国民の支持率が下がり、これほどまでに大規模なデモに発展してしまっているわけですから。政府としては真相究明はもちろんですが、一刻も速く事態を鎮静化させたいところ。

与党からも退陣を求める声もでてきているという話もありますので、当初はありえない言われていた、『大統領辞任』ということも現実になるかもしれません。

パククネ大統領としてはどっちに転んでもかなり厳しい状況が待っていうことでしょう。

大統領が逮捕されるなんてことに仮にでもなれば、国家としてのメンツは丸つぶれですし、外交にも大きな影響を及ぼしますがそうもいていられないほどの問題になっているんですね。

15日から行われる取り調べが今後のカギを握ることはまちがいなさそうです。

スポンサーリンク

-ニュース, 政治家