ブロジアム-Bloseum-

Blog+Museam美術館のような価値のあるコンテンツを提供するブログ

ニュース

サウジ始め4カ国がカタールとの国交断絶!理由はフェイクニュースか?

2017/09/20

エジプト、バーレーン、サウジアラビア、UAEの4カ国が一斉にカタールとの国交を断絶したと発表。いきなりの発表にちょっとびっくりだな。

国交断絶の理由や原因はなんなのでしょうか?フェイクニュースなどとも噂されていますが、どうなんか見てみよう!

スポンサーリンク

カタールってどこ?

まずカタールってどこ?っていう人も多いかもしれない。

日本だとあまり馴染みがない国かもしれませんが、石油や天然ガスの豊富な資源によって潤いまくっている中東屈指の観光地。GDPは日本の倍以上あり、世界一豊かな国とも言われている。

ただ日本人が旅行で行って楽しめるかというと微妙かもしれない・・ドーハーは世界一退屈な街とも言われてるしな。

ドバイにあるパームジュメイラのような真珠を模した人工島The・Pealにはホテルにショッピングセンターに島全体がアミューズメントパークのようになっていていかにも中東の観光地という感じ。

また2022年のワールドカップ開催国としても注目を集めている国なんだ。

カタールとの国交断絶の理由は?

今回、エジプト、サウジアラビア、バーレーン、UAEが一斉にカタールとの国交断絶を発表。4カ国が一斉に国交断絶を発表するなんてただ事ではない。

国営サウジ通信(SPA)によると、サウジアラビア政府は「テロリズムと過激主義の危険から国の治安を守る」ため、カタールとの外交関係を断ち国境を閉鎖する。

一方、バーレーン通信(BNA)は、カタール政府が「バーレーンの治安と安定を揺るがし、内政干渉を行う」と主張したため国交を断絶したと報じている。(c)AFP

サウジとバーレーンの声明だが、具体的な理由は書かれていない。

一番大きな原因と思われるのが、イランとの関係、カタールはイランと関係が深いことが原因かと考えられる。

また、宗教の対立も大きな問題だろう。

イスラム教ではスンニ派とシーア派に分かれる。

サウジはスンニ派の大国、イランはシーア派の大国つまり、もともと仲が悪い。そのイランを援助しているカタールともサウジは関係があまり良くなく、国交断絶に踏み切ったのかもしれない。

まあ。この4カ国ではバーレーンはシーア派の国なので宗派だけの問題ではないとは思うが、4カ国が国交断絶に踏み切るというのは中東の情勢に大きな影響を与えることは間違い無いだろう。

追記

バーレーンはシーア派が多い国だが、スンニ派もいて、両方の宗派が共存している国だな。

スポンサーリンク

フェイクニュースが原因か?

国営カタール通信(QNA)のサイトがハッキングされたり、バーレーンのハリド外相のツイッターアカウントが乗っ取られたりと、サイバー攻撃を受けていたことがわかっている。

中でも国営カタール通信では、中東の情勢についてカタール首長たちが出したとされる偽コメントが掲載されていたりと、フェイクニュースが原因となっていることも十分に考えられる。

近年SNSやインターネット上のニュースの拡散によって政治をも左右する事態が起きているな。

トランプ大統領とロシアとの繋がりも話題になっているが、もし本当なら、フェイクニュースによって大統領選が動いたとも言えるわけだ。

今回の4カ国が一斉に国交断絶をしたこともフェイクニュースが関係してるのかもしれないな。

日本ではあまり報道されないかもしれないが、もう少し詳しい情報が入ってたら追記していこうと思う!

スポンサーリンク

-ニュース