ブロジアム-Bloseum-

Blog+Museam美術館のような価値のあるコンテンツを提供するブログ

エンタメ ニュース

トランプ大統領の与える日本の影響を簡単に説明!メリットはある?

 

ついにドナルド・トランプ氏の大統領就任が事実上決定しましたね。

彼が与える日本の影響を簡単に説明したいと思います。

スポンサーリンク

トランプ大統領が日本に与える影響は?

トランプ氏は暴言をとして知られ大統領選中も数々の過激な発言を繰り返してきました。そんなことからもトランプ氏が大統領になることに対して不安に思っている方も多いのも事実ですね。

トランプ氏が大統領になるにあたって、日本にどんな影響があるのか見てみましょう。

安全保障の問題

トランプ氏は次のような発言をしています。

日本や他の国を守る限り、アメリカは大金を失う。我々は、サウジアラビア・日本・韓国などを守り続けるわけにはいかない。同盟国との協定を再交渉する必要があると思う。

trump5

このような発言を見る限り、『アメリカはこれ以上守れないから自分で何とかして』ともとれる発言にも聞こえますね。日本から米軍撤退もあり得る?なんていう意見も出てきているようですが、これはまずありえないでしょう。

東シナ海などの問題もあるように、日本にアメリカ軍がいることにアジアに対しての抑止力にもつながっているので、『日本を守るため』だけではないですからね、

ただ、アメリカの力が以前よりも弱まってきていることも事実です。他の国までかまっている余裕がなくなってきたわけです。

イギリスのUK離脱もそうですが、これからの時代は自分の国は自分で、守るというここの時代になっていくのかもしれません。

日本から米軍撤退は難しいですが、今以上のお金をアメリカに払うということは起こるかましれませんね。

そうなれば、僕たちの税金がさらに使われることにもなるでしょう。

TPP問題

tpp

これが厄介そうなんですよね。

トランプ氏はTPP反対は断固反対で、即刻抜けると言っています。皮肉にもトランプ氏が当選した翌日に、日本でTPP法案が可決されるとは。(笑)

トランプ氏は日本の産業がアメリカに入ることで、アメリカの産業が衰退すると考えているからです。

アメリカ的には対日本の貿易が上手くいっていないこともあるんですよね。特に自動車に対しての関税が安いため、かなり問題視しているようすです。

TTPとは言ってしまえば仲良しグループです。

例えば、100万の日本車と50万の外国さんの車があったとします。

性能もほぼ同じなら、50万の車を買いますよね?

そうなると日本の車を誰も買わなくなってしまいます。そうすると日本の車産業は衰退してしまいます。それを防ぐためにここに関税をかけて、自国産業を守っているんですね。

TTPは仲良しグループですので、この関税を自由に決めることができなくなります。そすると、海外の産業に押され、自分の国の産業が衰退してしまう恐れがあるんですね。

それをトランプ氏は嫌がっているというわけです。

日本は輸出で設けてますのでこのTTPが重要になってくるんですね。特にアメリカは最大輸出国ですので、いてもらわないと困る所なんです。

このタイミングでトランプ氏に代わるということは日本にとってかなりの打撃になると思われます。

スポンサーリンク

政治経験がなくてもやっていけるの?

これは誰もが思っていることかもしれません。そもそも議員もやったことない人が、大統領できるの?

ってことですよね?

これは大方の人が『問題ない』と見ているようです。日本でも東国原英夫さんや橋本さんなど、未経験者でも立派にこなしていました。

政治の運営は大統領1人で行うものではないですので、問題ない、むしろ今までとは違う風は入りいいのではないのか?ということですね。

まとめ

TPPの問題にしても、日米安全保障の問題にしても『自分の国は自分で守る』という時代になってきたというところでしょうか?

以前は国と国との連携が重要視されてきたことろもありましたが、ないと言われていた、イギリスのEU離脱が起こったことにも言えると思います。

それだけ、大国の力が弱まっているともいえるでしょう。

日本のもいろいろな面で自立ということを考えるときがきたとも言えますね。

スポンサーリンク

-エンタメ, ニュース