ブロジアム-Bloseum-

Blog+Museam美術館のような価値のあるコンテンツを提供するブログ

ニュース

ミサイルの避難方法は?自宅に地下がない場合はお風呂に!

依然、北朝鮮とアメリカを含め周辺諸国との緊張状態が続いていますが、北朝鮮がミサイルを発射した場合ん避難方法について見て見ましょう。

地下に逃げ込むのが一番いいとされていますが、自宅に地下がない場合、(というかほとんどの人は地下なんてないでしょって感じですが・・)どうすればいいのか見ていきたいと思います

スポンサーリンク

日本の迎撃システムは?

まずミサイルが発射されたという事実は人工衛星で行うそうなのですが、、これは100%可能だそうです。

知らぬ間に発射されていた・・・ということは起こり得ないというこですね。そして、ミサイルが日本に着弾かどうかを判断するのはイージス艦のレーダーらしいのですが、これも発射から1、2分で判断することができるそうです。

その後、迎撃という体制に入るわけですが、最初はイージス艦の迎撃システムを使い、大気圏外で撃墜するのが最初の段階、これが失敗した場合は地上に配備されている迎撃システムPAC3で地上数キロ上空で撃ち落とすという2段構えとなっています。

ほんとこの迎撃システムで何とかしてもらいたい。というか迎撃なんてしなくてもいいように、何とかしてほしい気持ちでいっぱいです。

ミサイルは発射から着弾までは何分ある?

北朝鮮と日本の位置関係から見ても発射後ものの数分で着弾するのは容易に予想がつくでしょう。

最近その名前を聞くようになったJアラートですが、Jアラートが発令されてから着弾するまで、3、4分。長くても5、6分と言われています。

Jアラートを発令するかどうかは人が判断するので、そこに判断の遅れやミスまではいかないものスムーズに行われずにJアラートの発令が遅れる可能性もないとは言い切れませんので、Jアラートが発令されてから5分もないと考えてた方がいいのかもしれません。

この時間内にできることなんて本当に限られてしまいますが・・・

スポンサーリンク

自宅にいる場合の避難方法はお風呂がベスト?

自宅にいる場合はとりあえず窓から離れて、家の中心にいるようにするというこが重要ですね。

爆風で窓ガラスが割れて、怪我をする恐れもありますから。

いいとされているのがお風呂。

お風呂は窓がない場合も多くマンションタイプのご自宅の場合は家の中心部にあることが多いからです。

これは僕の予想なのですが、トイレもいいのではないかと、考えています。

地震の時はトイレに避難するのがいいと聞いたことがありまして、理由は柱に囲まれているからだそうです。

地震とは違うとは思いますが、程度衝撃に強く密閉された空間の方が身を守るには適しているかなと。

とりあえず、窓から離れて、家の中心で身を守るということが一番大事なことかと思います。

核ミサイルだった場合のことも考えて、外と遮断されている場所、熱戦からも身を守ることが必要なため完全に外とシャットアウトできている場所がベストですね。

とは言ってもアラートが鳴ってから、着弾するまでは数分かないので、避難するというよりいざという時のための準備の方が必要かと思います。

迷っているどこに行こうか迷っている間に着弾する恐れもあるので、『いざとなったらこういう避難をしよう』避難するときに最低限持っていくもの、などをあらかじめシミュレーションしておくことが大事かなと思います。

迷う時間をなくすということが一番の対策ではないでしょうか?

スポンサーリンク

-ニュース